2010年05月12日

小沢氏と亀井氏会談 過半数割れなら野党とのパーシャル連合も(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表が10日夜に都内で会談していたことが11日、分かった。夏の参院選での与党過半数割れを想定し、参院選後に野党と政策ごとに連携する「パーシャル(部分)連合」を模索していく考えで一致した。

 関係者によると、小沢、亀井両氏は「参院選情勢は厳しい」との認識で一致した。亀井氏が参院選で敗北した場合の政権運営について「自民党も参院で過半数を割る時期が長くあった。法案ごとに野党と連携すればいい。いくらでもやり方はある」と進言すると、小沢氏は理解を示し、今後も共同歩調をとる考えを示したという。

 また、亀井氏は民主党支持率下落について「もはや民主党自体の問題になっている。小沢氏や鳩山由紀夫首相が交代しても仕方がない」と述べ、現執行部体制のまま参院選に臨むべきだとの考えを示した。小沢氏も幹事長続投に強い意欲を示したとされる。

 一方、米軍普天間飛行場移設問題について小沢氏は「オレは内閣に任せている」と繰り返し、関与しない考えを示したという。

【関連記事】
「半年で結論は短絡的」 日本の二大政党で小沢氏
民主100人超擁立も 与党過半数厳しく
政権下り坂の参院選は「鬼門」 自民党政権下では首相辞任の事態に
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明
少子化を止めろ!

谷亮子氏 参院選出馬 「二足のわらじ」に危惧も(毎日新聞)
初の女性「鬼師」目指す!夢は「少しかわいく」(読売新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明(産経新聞)
INAX下請け役員を中傷=ブローカー再逮捕−三重県警(時事通信)
posted by ユモト マサヒロ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。